膣の緩みを解決する|原因や治療方法などを見る

Women Complex

緩みを治すために

女性は妊娠をしている間だけでなく出産の時にも筋肉に負担が掛かり出産後に筋肉の収縮が上手く出来ないことだけでなく、加齢に夜靱帯のたるみや肥満によって下腹部に脂肪が付くことで骨盤底筋を弱めること、姿勢の悪さによる筋力低下などが原因で膣が緩み締りが悪くなってしまいます。膣が緩くなって締りが悪くなってしまうとパートナーとのセックスをお互いに気持ちよく感じることが出来なくなるといったことも出てくるのでなるべくはやめに解決をすることがベストです。膣の緩みの確認は自分で行なうことも出来るのですが膣の中に自分の指を入れて確認することになるので、爪と指をしっかりと清潔にしてから行わなければなりません。ですが、最近では膣トレといって膣を緩くさせないためのトレーニングというものもあり、多くの女性がこれを行なっています。ですがトレーニングなどを行なっても改善できずに深刻に悩んでしまう場合には婦人科や婦人科形成クリニックへの相談と処置を行なうことがベストです。基本的な治療方法にはヒアルロン酸や脂肪やパールフィラーといった効果的な素材を注入する注入法、レーザーや高周波を原因部分に当てる方法、切開や縫縮手術などの治療方法があります。クリニックによっては若干方法の違いや手術費用の価格には違いがありますので、治療を受ける前には必ずネットで事前に調べておくか電話で直接クリニックに確認をしておくことが必要になります。

おすすめコンテンツ

筋肉について

膣のゆるみが気になっている人は、ゆるいのではなく筋肉が弱いということの場合が圧倒的に多いので覚えておきましょう。この問題を解決するためにはどうしたら良いのか紹介します。

詳しく読む

治療する

膣のゆるみを改善することができる筋トレもありますが、これができるのは症状が軽いときだけです。日常生活にも大きな障害となるような膣のゆるみは筋トレだけではなくクリニックで治療してもらい改善しましょう。

詳しく読む

緩みの特徴

膣は妊娠出産だけでなく色んなことから緩くなって締りが悪くなってしまうことがあります。そうなってしまった時の対処だけでなく、セルフチェックなどについても詳しく知っておく必要があります。

詳しく読む